プロフィール

Sogagoro

Author:Sogagoro
友人の勧めで文楽を観たことがきっかけで伝統芸能に目覚めました。歌舞伎や能もよく観ます。とりわけ三味線の魅力にとりつかれ長唄を習い始めました。

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 「東寺(教王護国寺)」

「空海と密教美術展」に触発されて、京都の教王護国寺、つまり「東寺」を訪れた

(宇治平等院訪問から始まる今回の京都古寺散策についてはいずれ整理するとして、今回は先週の空海展つながりでとりあえず東寺(教王護国寺)の様子だけを速報する)

IMG_1494_東寺パンフ_small

パンフレットの表紙は上野に来ていた梵天像(講堂内)だが、もちろんまだ京都にはお戻りではなかった

IMG_1421_東寺金堂_small IMG_1423_東寺講堂_small

写真左は金堂で、中には薬師三尊と十二神将像があるがこの薬師さんがとてもいいお顔をされていた。
右の写真が立体曼荼羅が展開する講堂であるが、21体の仏像のうち8体がまだ上野から戻っておられなかった

にもかかわらず、13体の仏様が曼荼羅の世界を現すがごとく前後左右に座っておられる姿は圧巻であった

IMG_1430_東寺観智院_small IMG_1435_東寺堀_small
<こちらはお庭がきれいな観智院>

観智院と東寺の間に堀のような池がある。そこに亀と青鷺ののんびりした姿があった

東寺と言えば、巨大な五重塔が有名だが、こちらはおりしも東からの朝日を浴びて、逆光のため写真が撮れなかったので、また別の機会に紹介したい
スポンサーサイト

<< 京都「鞍馬寺」と文楽「鬼一法眼三略巻」 | ホーム | 「空海と密教美術展」@国立博物館 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。