FC2ブログ

プロフィール

Sogagoro

Author:Sogagoro
友人の勧めで文楽を観たことがきっかけで伝統芸能に目覚めました。歌舞伎や能もよく観ます。とりわけ三味線の魅力にとりつかれ長唄を習い始めました。

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文楽「ひらかな盛衰記」「紅葉狩」(九月第二部)-感動の舞台!

先週の第一部に続いて、九月公演の第二部を観た

感動した!楽しかった!

木曾義仲の遺児や遺臣らの物語を描く「ひらかな盛衰記」も、一面紅葉の錦に染まる戸隠山を舞台に平維茂(これもち)が妖艶な姫に化けた鬼女を退治する「紅葉狩」も、大夫、三味線、人形遣い、三業全ての気迫溢れる舞台にただただ圧倒された

ここ数年、全ての東京公演を観てきたが今回ほど全編にわたって心から楽しめた舞台はない。4時間の公演時間があっという間に過ぎた

文楽2011年9月公演1_small
<九月公演のチラシ 写真は「ひらかな・・」の船頭松右衛門、実は樋口次郎兼光>

なかでも筆者が若手大夫の実力ナンバーワンと思う豊竹呂勢大夫(とよたけろせたゆう)が、これも三味線弾きを志す筆者が心酔する鶴澤清治の切っ先鋭い撥捌きにのって力強く語った「ひらかな・・」の「笹引の段」は絶品

舞台一面に荒涼とした枯れ笹の藪が広がる。そこに木曾義仲の忘れ形見である駒若君(実はこの子はその前の段「大津宿屋の段」で、別の一行が連れていた男の子と入れ替わってしまっていたのだが・・・)を連れて、義仲の御台である山吹御前と腰元お筆、そして彼女の老いた父が、義仲の残党狩をすすめる鎌倉方に追われて逃げてくる

お筆の父は果敢に戦うもあえなく戦死、若君もその場で首を刎ねられ、山吹御前もショックで命を落とす
お筆は気丈にも立ち枯れた笹を切り倒し、山吹御前の亡骸をその笹に縛りつけて引きずって行こうとする

この劇的なシーンを呂勢が持ち前の声量と小気味良い割舌で語って行く

それに一音一音に気迫と魂の宿る清治の三味線が冴え渡る。絶対的な技術をベースとしながら、若い呂勢の呼吸を読みながら、そして客席の観客の反応すら感じ取りながら全ての音に完璧を求める。究極の集中と同居するある種の余裕、それが清治の凄さだと思う

いつも感じるのだが清治は他のどんな三味線弾きよりも頻繁に調弦を繰り返す
最初は他の奏者よりも常に新しい糸を使うから弦が伸びて伸びてしょうがないのかと思っていたが、それにしても頻繁だ
やはり演奏中のほんの僅かな音の狂いを妥協無く修正して行くが故なのだろうと、今では思っている

さて、続く逆櫓の段の「切り」は今をときめく豊竹咲大夫(さきたゆう)と鶴澤燕三(えんざ)の三味線だ

咲大夫が電話帳みたいな(失礼)厚い床本を高く捧げた。 そう、約90分に亘って咲大夫の緩急自在の語りと、ほとんど曲弾きに近い、高音域での細かく、素早いフレーズが燕三によって紡ぎ出される
清治の一音一音に込められた情念のようなものは、まだ感じられないが、それでも圧倒的なエネルギーとそれを爆発させるだけの自信と集中力という点で燕三も凄いと思う

続く紅葉狩はこれまた紅葉の美しい舞台を観るだけで絵のようだ。そこに雅ないでたちの平維茂が現れる

床は英大夫以下5人の大夫に清介ら3人の三味線に琴が二挺。これまた豪華なしつらえだ

文楽床_small 琴_small
<開演前の床にならぶ大夫の見台と琴>

夕暮れ時も近いこんな山奥で、どこからともなく琴の音が聞こえてくる。誰かと見れば美しく高貴な更科姫らが女だけで紅葉狩にきていると言う。そして、酒を勧められた維茂は更科姫に舞を所望する。優雅に踊る更科姫を見るうちに、ついに寝込んでしまう

そこに現れた山の神に起こされた維茂の前に現れたのは更科姫に化けていた鬼女だ

ここからはさっきとはうって変わって、鬼と維茂の激しい戦いのシーンとなる

鬼は確かに恐ろしい顔をしているものの、それでもどことなく優雅さを感じさせる。そして最期は紅葉に染まる戸隠山を背景に絵画なような見得を決めて幕となる

ここでは豊松清十郎の遣う更科姫の舞が見もの。左右の手でふたつの扇をたくみに操りながら優雅に踊る姿は生身の人間以上にしなやかで美しい

この更科姫は主遣いだけでなく左遣いと足遣いの三人が顔を出す、珍しい「出遣い」だ。それだけ、この舞が高度な技術を要するということだろう

清介以下、若手の三味線二人の中でも清丈の気迫溢れる演奏と二人の琴が印象的だった

冒頭でも書いたとおり、この紅葉狩りの最期の見得までアッという間の4時間であった

できれば、今公演中にもう一度観たみたいものだ

スポンサーサイト

<< 能 「敦盛」@深谷! | ホーム | 能 「葵上」@矢来能楽堂 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。