FC2ブログ

プロフィール

Sogagoro

Author:Sogagoro
友人の勧めで文楽を観たことがきっかけで伝統芸能に目覚めました。歌舞伎や能もよく観ます。とりわけ三味線の魅力にとりつかれ長唄を習い始めました。

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎 「壽曽我対面」 第一巻1月夜の部Disc4

歌舞伎座「さよなら公演」のDVDで「壽曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」を改めてじっくりと観た

頼朝が平家を討って鎌倉に幕府を開く少し前、つまり平安時代の末期に伊豆で工藤祐経(くどうすけつね)に実父である河津三郎祐康(かわづさぶろうすけやす)に殺された幼い兄弟が、18年後に将軍となった頼朝が催す「巻き狩」の最中に見事仇討ちをを果たす(1193年5月28日)、というのが「曽我兄弟の仇討ち」である

⇒ 曽我物語のあらすじはこちらへ

兄弟の十郎祐成(すけなり)は父親が殺されたときには5歳、五郎時致(ときむね)はわずか3歳であった。河津三郎が殺されたのち、ふたりの母親は相模の曽我祐信に嫁いだため、ふたりは曽我性を名乗っている。

そしてこの仇討ちの物語が広く全国に知れ渡り、また、兄弟のうち特に勇ましかった「五郎」が「御霊(ごりょう)」に通じることもあって、仇討ち成就を称えるとともに、神の業としてほとんど「信仰」の対象にすらなっていた。

歌舞伎では江戸時代の享保年間からはこのおめでたい「曽我物」の演目を正月に吉例として必ず上演するという習慣が生まれた。

先般の歌舞伎座さよなら公演でも、古式にのっとり平成21年1月には「壽曽我対面」が上演されたというわけだ。

五郎時致が吉右衛門、十郎祐成が菊五郎、遊女化粧坂の少将に菊之助、大磯の虎が芝雀、そして工藤に幸四郎という豪華キャストだ

この十郎・五郎の兄弟もいまや揃って人間国宝。 吉右衛門ファンの自分にとっても嬉しい舞台の記録である

いずれにしても 長唄「(五郎)時致」を唯一の持ちネタとしている小生にとっては縁の深い演目である。

ちなみに近々、ひょっとしたら国立で「生対面」が観られるかもしれない
スポンサーサイト

<< 歌舞伎 「稚魚の会・歌舞伎会 合同公演」@国立劇場 | ホーム | 蕎麦 中目黒 「匠」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。