FC2ブログ

プロフィール

Sogagoro

Author:Sogagoro
友人の勧めで文楽を観たことがきっかけで伝統芸能に目覚めました。歌舞伎や能もよく観ます。とりわけ三味線の魅力にとりつかれ長唄を習い始めました。

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄 「邦楽社」 + 蕎麦 「嵯峨谷」

ときどき新橋駅から虎ノ門方面に歩くことがある

虎ノ門、とうよりはやや愛宕山方面に斜めに進んで行く感じだ。 大阪屋「砂場」の立派になったお店と「蔵」もこちらの方角だ。

邦楽社

昔の第17森ビル(今はマッカサー道路が通るので取り壊されてしまったが・・・)の裏手にちょっと古ぼけたビルがある

この2階に長唄をはじめとるす邦楽の楽譜を出版してくれる「邦楽社」がある。僕はいつもここで楽譜を買うことにしている
外の階段を上がって、ドアを開けると、昔の映画に出てくる「会社の事務室」のイメージそのものの空間がある。

ちいさなカウンターがあってそこから事務所の人に「すみません、長唄の勧進帳の楽譜、いただけますか?」とお願いすると同じ空間の奥の棚に女の事務員さんが入っていかれて、「これですね」って持ってきてくれる

部屋全体が邦楽の楽譜の臭いがする。でもそれがたまらなく好きなんだな、これが。

なんかずっとそこに居たい気がするんだけれど、会計を済ますと、カウンターの脇に置いてある「伝統文化新聞」をタダでもらって帰ってくる

嵯峨谷

その途中にこんな店が。立ち喰いながら手打ちの味、いうと京橋「恵み屋」を思い出すが、まさに、恵み屋と同じような機械を使っている。しかも自家製粉といわんばかりに電動石臼が店内で回っている

しかし、なぜかここの蕎麦はきしめんのように平べったい。しかも、石臼は毎分30回は回転してしまっている。
これでは臼が発熱してしまって蕎麦の風味が損なわれるのではないかとヒヤヒヤ

だって石臼をまわすスピードは毎分14回から16回ぐらいがいいと聞いたことがあるから

嵯峨谷_もり

スポンサーサイト

<< 蕎麦 新橋 「ときそば」 + 落語「時そば」 | ホーム | 蕎麦 神田須田町「まつや」+万世橋駅界隈 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。