プロフィール

Sogagoro

Author:Sogagoro
友人の勧めで文楽を観たことがきっかけで伝統芸能に目覚めました。歌舞伎や能もよく観ます。とりわけ三味線の魅力にとりつかれ長唄を習い始めました。

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山神社の能舞台と「小鍛冶」



拙ブログのタイトル・バックは大山阿夫利(あぶり:雨降り)神社にある能舞台である。ここでは毎年9月の中旬に「火祭り薪能」が行われる。この夜の写真は昨年9月の演能直後に撮ったものである。昼間の写真でも分かるとおりこの舞台は緑濃い大山の森を背景に鯉が泳ぐ池の上に作られた堂々たるものである。通常能舞台の背景に描かれるはずの老松がここでは本当の松だというのも面白い(夜の写真の方がよく分かる)

 一昨年は「雨降り神社」を地で行く大雨であったにもかかわらず、カッパを着込んで「小鍛冶」を観た。夕闇の中、山深い能舞台に三条宗近の相槌となるべく、稲荷明神が狐の姿となって現れるのはそれだけで神秘的な光景であった。小鍛冶は筋自体が分かり易い上に、謡も舞もリズミカルで小生のような者でも退屈せずに楽しめる曲である。作者などは不明らいしが後には浄瑠璃や歌舞伎にも移されており、長唄の入門曲のひとつにもなっている。小生も練習曲のひとつとして教わったことがある。それだけに「小鍛冶」は思い入れのある曲なのだが、悔やまれるのは今春、大阪国立文楽劇場でかかった文楽の小鍛冶を見逃したことである。なんとか東京で再演してもらいたいものだ。

⇒ 大山神社は現在の神奈川県伊勢原市にある。大山参りは江戸時代には大体二泊三日で行ってこれるちょっとした小旅行の対象として庶民の間でたいそう人気があったとのこと。現在の国道246号は以前は大山街道と言ったらしいが、それは江戸からこの大山に通じる道という意味だからだ。ここで一昨年には薪能とは別に坂東三津五郎が、坂東流のお家芸のひとつで大山参りの道中を題材にした「山帰り」という舞踊を奉納した。
スポンサーサイト

<< 2011年5月 奈良(1) | ホーム | 京鹿子娘二人道成寺 >>


コメント

神秘的な美しさ

夜の能舞台、闇に浮かび上がる異次元な世界が感じられて何とも神秘的で美しいです。松の樹齢はいったいどれほどなのかしら?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。