プロフィール

Sogagoro

Author:Sogagoro
友人の勧めで文楽を観たことがきっかけで伝統芸能に目覚めました。歌舞伎や能もよく観ます。とりわけ三味線の魅力にとりつかれ長唄を習い始めました。

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民謡「黒田節」

最近、少し訳あって民謡の黒田節にハマッている

「黒田節」は福岡藩の武士の間で唄われ舞われてきた「民謡」とされる

そしてその実体は雅楽の越天楽にさまざまな歌詞をつけて唄う「越天楽今様」が基になっているということだ

(こうなってくると今度は「雅楽」とは何か、「越天楽」とは何か、と興味は尽きないがそれはおいおい勉強することにしよう)

いずれにしても福岡藩の藩主は、戦国・安土桃山時代に活躍した黒田孝高(よしたか)、通称黒田官兵衛の長男、長政を初代とする黒田家であるため「黒田藩」とも呼ばれていた

(ちなみに黒田官兵衛は今年の大河ドラマ「江」で柴俊夫が怪演している)

また歌詞の意味を考えればすぐに分かるように「黒田節」は「黒田武士」のことでもある

酒宴で披露されることも多い黒田節の踊りだが、唄・踊りとも充実しているのはこちら↓



歌詞の全文は以下のとおりらしいが、いろいろなバージョンがあるようだ
特に1番は有名だが、2番として「峰の嵐・・」を持ってくるケースも多い

小生が好きな「市丸」の端唄の中に「槍さび - 黒田節入り」というのがあるがそこでもやはり黒田節としてはその2コーラスが挿入されている

三味線とお箏の伴奏もマスターしたいが、できれば踊りを習得して酒宴でこんな風に踊れたら素晴らしいな!

酒は呑め呑め 呑むならば
日の本一のこの槍を
呑みとるほどに 呑むならば
これぞまことの 黒田節(武士)

皇御国(すめらみくに)の
武士(もののふ)は 
いかなる事をか 勤むべし
ただ身に持てる 真心を
君と親とに 尽くすまで

峰の嵐か 松風か
尋ぬる人の 琴の音か
駒引止めて 立ち寄れば
爪音(つまおと)高き
想夫恋(そうぶれん)

君の晴着のお姿を
寿祝う鶴と亀 
松竹梅のよろこびを
幾千代(いくちよ)までも祈るらん

*「想夫恋」の意味についてはこちら

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。